スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに(1/3)

「いそがしい」「時間がない」のは、仕事を先延ばしにしている証拠。
「今すぐ」「キッパリ」「シンプル」。3つのルールで、仕事を前倒しで片づける。


 この本は、「いそがしい」「時間がない」「仕事が終わらない」が口グセで、毎日の仕事や勉強に追い立てられている人に読んでもらいたい本です。
 あなたの身の回りにも、このような人はたくさんいるはずです。「時間がない」と言う人たちに共通する特徴は、次の3つです。

①いつも仕事を後回しにして、期日ギリギリになってから始める。
②「これで仕事は完了」という明確なゴールラインを決めていない。
③必要以上に考えすぎて準備や整理に時間がかかり、頭の中と机の上が大混乱。


 私は、出版社に勤務するサラリーマンとして、約20年間にわたって雑誌記者や書籍編集者の仕事を続けてきました。打ち合わせや原稿の締め切りに追われ、年間20冊という書籍発行点数のノルマを抱える全力疾走の毎日です。それと同時に、会社での勤務が終わると別の出版社からの依頼を受け、フリーライターとして雑誌やムック、単行本の原稿を書き続けました。この20年で多数のパソコン誌やビジネス誌に寄稿し、著書は70冊(共著を含む)を超えています。サラリーマンとして、フリーライターとして、両方とも「フルタイム」で働いてきたわけですから、一般的なビジネスマンの2倍以上のいそがしさです。
 ある雑誌の編集者が、こう言いました。

「中井紀之さんは、本当は3人いるんですよね? 朝から晩まで会社で働いているサラリーマンの中井さん、出版社を駆け回って打ち合わせをしている営業マンの中井さん、一日中部屋にこもって24時間原稿を書き続けているライターの中井さん。3人いないと、こんなに仕事ができるわけがない!」

 私が2つの仕事を両立するうえで心がけてきたのは、次の3つのルールです。

①先延ばしにする言い訳を考えないで、今すぐ始める。  = 「今すぐ」
②期日に遅れない。早く終わらせてその仕事を、忘れる。 = 「キッパリ」
③机の上を「頭の中」だと思って、整理する。      = 「シンプル」


 「そんなことができたら、誰も最初から苦労しないよ」と思う人がいるかもしれません。でも、この3つのルールを実践するのは、実は簡単です。小学校の「夏休みの宿題」を早く終わらせる要領と同じなのです。


「前倒し」仕事術!
 中井紀之・著 朝日新聞出版 1500円+税
 ISBN978-4-02-330801-5
スポンサーサイト

テーマ : 新刊・予約
ジャンル : 本・雑誌

著者プロフィール

nak365

中井紀之(なかい・のりゆき)

 大手出版社に勤務し、パソコン雑誌記者、ビジネス書籍編集者として20年以上にわたって活躍。「年間20冊の単行本刊行ノルマ」をこなすスピード編集者として数々のベストセラー本を世に送り出してきた。
 昼はサラリーマンとして全力疾走すると同時に、夜と休日は「フリーライター=中井紀之」として、得意分野であるパソコン/IT/デジタルAV機器関連の雑誌記事や連載、ムック、書籍を多数執筆。この20年間で著書は70冊(共著を含む)を超え、近年は新聞やビジネス誌へも寄稿の場を広げている。

著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
QRコード
QR
カメの歩み
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。